ヒンディー語ノートのまとめ方

  • URLをコピーしました!

こんにちは!

ヒンディー語を勉強中の、はるかし(@hhrrkkss)です!

今更ながら‥ヒンディー語学習の時のノートの書き方が定まってきたので、書き残したいと思います。

目次

わたしのノート使用について

まずはじめに、普段のわたしのノート使用に関するステータス(?)を先に記載しますね。

  • 見た目から入る、典型的なミーハー人間
  • 見た目が綺麗じゃないと、なんだかやる気が出ない‥
  • でも、ノートをきれいにとるのは苦手だし、デコることも得意ではない。

理想と現実のギャップが果てしないです…辛いですね…

手帳も、かわいく書きたいのですが書けない人種です‥

そんなわたしは現在、ヒンディー語学習には、2つのノート(ルーズリーフ)を使用しています。

ひとつは普段使いノート。

こちらは、普段持ち歩くものです。仕事の休み時間に勉強したり、空き時間にペラペラ見たりします。

日々のヒンディー語学習にがっつり使用中です。

ふたつめはまとめノート(ルーズリーフ)。

こちらは、文法などをまとめているものです。

あまり使わないのですが、手作り教科書のように使っています。

作文をするときなど、「過去完了形はどうやって作るんだっけ‥」と迷った時に見返したりします。

普段使いノートについて(スペック等)

ここからはノートの書き方について詳しく書き記します。

普段使いノートは毎日持ち歩くので、少し小さめのA5サイズのノートを使っています。

コクヨノートA5
ヒンディー語ノート

・書きやすい(紙質、ほどよくつるつるしていてGOOD)

・方眼なのでデーヴァナーガリー文字も書きやすい

・なんかおしゃれ

なにより、フリクションで書いて消してを繰り返しても、紙がよれない。

わたしにとってはこれが最重要です。

例えばインド人の友達や先生と話している時に、メモで急いで書いたものはあとから見ても????状態になりがちです。

(わたしの走り書きが雑すぎて暗号みたいなので、、)

そこで、フリクションで走り書きしたものを、後ほど自分なりの補足を加えつつ清書します。

このとき、フリクションでメモ→フリクションで消す→消した上から書き直す‥という作業をするので、あまりにも紙がペラペラだと破けたり、そもそも仕上がりがよれよれだと汚くなってしまうのです。

このノートは(たぶん、高めのノートは)、問題なく書き直すことができるのでおすすめです。

あと、個人的にはデーヴァナーガリー文字を書く時に、方眼紙だとのびのび書けて良い感じです。

文字を見ていただくとわかるかと思いますが、

シローレカー(物干し竿みたいな、横にびょーんと伸びているやつです)がまっすぐ引けないと、ちょっとかっこ悪い印象に‥。

手が震えてまっすぐ線が引けないわたしにとっては、なかなか難易度が高い文字です。

ヒンディー語のシローレカー

わたしは文字が大きくなりがちな大暴れ文字なので、罫線ノートよりも枠を気にしなくて良い方眼紙のほうが合っていましたw

枠に囚われない方がのびのび書けますね~。

普段使いノートの使い方

書き方としては、こんなかんじです。

ヒンディー語ノートの使い方

フリクションの3色ボールペン(0.38)を使っています。

黒→基本の色。なんでも黒で書く。

青→自分なりの考え、間違っていたことなど。わりと使う。

赤→これは絶対におさえるべきポイント!という、ここぞという時に使う色。たまに使うが、赤が多いページは重要ページである。

フリクションのマーカーも使っています。

紫→単語。

緑→熟語や、1単語で終わらないまとまりはこれ。

うさぎのイラストは、未来に向けたメッセージ(宿題だよ!とか)や、がんばろうね!といった自分への応援メッセージを自分で書いています。

そう。

自分で、自分を応援しています。

自分の機嫌は自分でとる、自分への応援は、自分でする。

そういうことです(寂しいやつとか言わないでね…)。

▼一度走り書きしたあとに、消して清書したノート

ヒンディー語ノートの中身

おわりに

ご紹介したノートの使い方が効率的な勉強方法なのかはわかりませんが、下書き→清書を繰り返すことで、わたし自身は復習にもなるしノートもきれいにまとまるので良い感じだなと思っています。

ただ、勉強方法は人それぞれなので、あくまでもひとつの例として見ていただければ幸いです。

それでは!

にほんブログ村 外国語ブログ ヒンディー語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ 語学学習法へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる